22日は「ゆくり春野菜がはえる器展」と、、

d0145345_1522498.jpg
朝、お布団の中で目を覚ますと、暖かくて、今日も朝が迎えられたと、複雑な気持ちになります。
子どもの時の体験で、寝息が聞こえると安心するわたしです。
なんで大きな試練が不公平なくらいにくるのでしょうか。
辛くて寒い思いをしている方々が、早く安心して眠れますように。

来週22日の「ゆくり器展」、ワークショップは、昨日で定員になりました。ご応募下さった皆様、
ありがとうございました。ゆくりさんのご好意で、お料理の材料費以外は、全額義援金の壷に入れたいと思います。今日はゆくりさんのお店のお誕生日なんですね。おめでとうございます。無事にお誕生日を迎えられること、何よりです。

22日の器の展示会の方は、ご予約なしでお越し頂けます。ゆくりの安田尚美さんが笑顔で迎えてくれることでしょう。心ばかりの温かいお茶と甘いものをご用意してお待ちしています。
駐車場がいっぱいの時はお声かけ下さいませ。

# by higurashia | 2011-03-18 15:22 | 円山生活の会 | Comments(2)

円山スポット

訪ねて来てくださった方が、よい時間が過ごせますようにと、
「円山マルシェ2011」の準備を少しずつですが、しています。
明日は「円山生活の会」有志の方々が垂れ幕作りなど準備のお手伝いに来て下さいます。皆さん、ありがとうございます。
実は、以前操山歩きの時にいいイラストの案内図を見つけていましたので、昨年の4月中旬に写した桜の写真などを加えてを[円山スポット]ご案内のページを作りました。
これはブログ用ですので、当日は手書きマップなんかがあれば、より円山を楽しんで頂けるのではと。少しずつ出来ることを進めていっています。どうぞよろしくお願いします。

d0145345_19301383.gif


円山ステッチも密かに、パワースポットと言われているようです。
ぜひ、円山巡りもご予定に。

# by higurashia | 2011-03-16 19:39 | ご予約の前に(案内図) | Comments(0)

善意の壷

d0145345_17252415.jpg

この度の東北地方太平洋沖大地震について、「円山生活の会」では、わたしたちが出来ることを考え、義援金を募る壷を円山ステッチに設置しました。
なぜ壷なのかと申しますと、母方の祖母の形見だからです。
わたしは、幼い時に愛する家族をふたり亡くしました。その事は、前のブログでふれさせて頂きましたが、消防隊員をしていて、勇敢で責任感のある祖父が台風の時に率先して任務を果たし、大水に流され命を落としたのは、母がまだ中学生の時でした。
祖母はそれから女手ひとつで母たちを育てました。
祖母と母から受け継いだ大切なこと。
人の役にたつということ。いつも多くのの方のお陰で自分は生きていけている事を感謝するということ。何があっても明るく生きていくということ、感謝の気持ちを伝えるということなど、、
それで、この祖母の壷を東北地方太平洋沖大地震の義援金の壷にしました。

「円山生活の会」、「円山マルシェ」に訪れて下さる方々にご協力いただければと思います。
早速、22日に「円山生活の会」にて、ゆくりさんによる器展と、ゆくり店主安田尚美さんのお料理のワークショップを予定しています。
先ほど、お電話でゆくりさんに相談しましたら、この度のワークショップでは材料費だけのお支払いでいいと言って下さいました。ですので、お料理の材料費以外を全額この壷に入れたいと思います。
22日に参加してくださる方、ありがとうございます。
あと、定員までお一人の空きですが、お二人までは受けつけますので、お問い合わせお待ちしています。

義援金は、集まりの様子次第で、岡山市丸の内にある「日本赤十字社岡山県支部」まで、持参しようと思います。
また、詳細は報告させて頂きます。

震災に遭われた方々が絶望しないで、生きていってくださればと思います。




# by higurashia | 2011-03-14 18:19 | 円山生活の会 | Comments(0)

石井寛子さんの豆本

d0145345_19135429.jpg

今日は夫が一日いないので、気分転換にお菓子やジャム、パン作りをして過ごしていました。
今は、パンの二次発酵を待っています。蓄熱型暖房機が、発酵にちょうどいい感じです。
夫が帰って来たら喜んでくれるでしょうか。災害の報道がすざまじく、家族の帰りが一段と心配です。

そして、今日、刺繍作家の石井寛子さんより、素敵なメールが届きました。
東京での展示会を無事に終えられた石井寛子さん、早速、「円山生活の会」の豆本を作ってくれました。

手のひらにちょこんとのる位の愛らしい布の本です。

d0145345_19332970.jpg


こんなかわいらしい豆本、見た事ありません。豆本だから、小さいのです。
刺繍が素敵なのです。それに、刺繍は表紙だけではないのです。

d0145345_19362039.jpg


ページをめくると、桜です。この刺繍の会が始まるのが、4月11日月曜日。
寛子さんは、季節ごとのお花をテーマに見本を作って下さいました。
この会は、4月から12月まで続きます。長い時間を掛けて、ゆっくりと何かに向き合うこと、
大切なことなんですが、なかなか出来ないものです。

刺繍が苦手な方に来て頂きたいです。わたしもステッチしか出来ませんが、楽しんでみようと思っています。自分一人では最後までやり遂げることは、結構難しいものですから。

題材はご自分の好きなもので。季節ごとの和菓子もいいし、パンもかわいいかもしれません。
くつなんかもいいな。夏は下駄とかあったりして、それから器もかわいい。
木もいいかも。新緑、開花、、、紅葉、、、わぁ〜すてきかもしれません。

円山ステッチで、石井寛子さんとステッチ。とっても優しいかわいらしい方なので、ほんとに、
苦手な方もお問い合わせ下さいませ。楽しみましょう。

「刺繍で綴る豆本の会」
4月11日(月曜日)〜 毎回10時—13時
毎月第二月曜日開催。12月に製本して、出来上がりを目指しましょう。
参加費/ 4000円 (材料費、お茶、お菓子代込み)

駐車場あり
カテゴリーの連絡先を参照くださいませ。




# by higurashia | 2011-03-12 21:05 | 円山生活の会 | Comments(0)

妖精からの贈り物

d0145345_2125783.jpg


昨日からうれしいことが続いています。
昨日、古いけれど、素朴な木のベンチを夫がもらって来てくれました。それも3脚も!!
円山の風景になんだか、ぴったり。
たぶんすごく大勢の子どもが座ったに違いない、ベンチ。
これからは、この円山で、ちょっと昔子どもだった人が座って「いいな!いいな!!」と
笑顔になるんだろうなと思います。

そして、今日。
わたしのうちの郵便受けは、大きなガラスのポットです。
ガラスなので、どーんと、玄関の横に置いています。郵便屋さんが、悩まないように、
一応マスキングテープの赤いので、マークは付けています。〒なふうに。
この郵便受け、いいところは、すぐに中身が見えるところです。
なんの感動もない郵便物が入っている時も多いですが、
すごく嬉しくなるようなお手紙や葉書なんかが入っている時は、
そのガラスの郵便受け自体から、すごいオーラが出ているのです。
なので、読者さんや参加者さんからの嬉しいお手紙だったりしたら、
ものすごいオーラがそのガラスから出ているので、すぐにわかるのです。
だって、きれいな切手が貼ってあったり、紙のいいお葉書だったりするから。

今日の郵便受けは、妖精が舞い降りてきていました。
春の空気の中で、羽を広げて、円山ステッチまでやって来てくれました。
包みには、お手紙とお菓子と、美しく保存された植物たちが入っていました。
妖精の心の持ち主しか作れない美しいかけらたち。
大切なものをわたしに送ってくださったのです。
こんなお手紙は、ほんと嬉しいです。宝物箱にしまっておこうと思います。

かわいい妖精からのお手紙と贈り物。
それだけのことをお返し出来ているのかしら、わたし。
よくない自分の時もあるし、疲れた顔の時もあるし、いいのかなぁ、わたし。
きれいな妖精の前で、自分が恥ずかしくなったわたしでした。もっと、がんばろう、、!

写真は、アトリエの前庭に咲いた、「サンシュユ」。赤い実がなります。かわいいお花。

d0145345_21482532.jpg


こちらは、開く前。日暮らしの11号、遊び紙のデザインになったお花です。

d0145345_215298.jpg




# by higurashia | 2011-03-10 21:35 | 日々のしあわせ | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰と冊子「日暮らし」を作っています佐野明子のページ。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて人と自然がとけあう暮らしの提案をしています


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る