<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

植物性 秋マフィンの会

d0145345_14432641.jpg


植物性、オーガニック、フェアトレードの材料でからだがよろこぶお菓子を作られているみどりさんの会のお知らせです。

植物性 秋マフィンの会        のらくら堂 堀部 緑

2012.9.29 (土) 10:30 —13:00 時間変更 (受付 15分前から)
参加費/ 3500円 
定員/ 10名  (小さなお子様連れ希望の方は、お問い合わせ下さい)
持ち物/ エプロン、手ふきタオル、筆記用具

秋を楽しむマフィンをと昨日、みどりさんと打ち合わせをしました。写真は試作してくれたかぼちゃペースト使用です。もちもちで、すごくおいしかったです。それは材料に秘密があるのです。卵もバターも使わないのでとってもやさしい味です。こういった材料に気を付けたものを食べ続けていると味覚も随分変わっていくと思います。小さい頃から手作りのもので子どもを育てると繊細な味もわかるように変わってくるのです。成長していく途中、自分の意思で、からだによくないものも食べたがる時期もくるのですが、ある程度それを知ってしまうと、わたしの娘はスーパーのお菓子はまったく買ってこなくなりました。まったくなのです。いつも娘は自分でクッキーを焼いたりしています。自分の五感を働かせて、からだによいものを暮らしに取り入れましょう。

当日は、秋らしく、贅沢に栗を使います。栗あんを作るところからみなさんといたします。秋のタルトもいただけるようです。飲み物とお土産付きです。
お楽しみに。

ご予約は、本日から受付いたします。「円山生活の会」、はじめての方もぜひどうぞ。

d0145345_15133783.jpg

  写真は7月の会での みどりさん(左)とわたくしです。いつも楽しくやってます。
by higurashia | 2012-08-30 20:06 | 円山生活の会 | Comments(0)

徳島のスダチくん

d0145345_17571046.jpg

        うつわ/ 小野哲平  今秋から円山ステッチにて展示販売

今日は杏とふたりで円山ステッチと思っていたら、うれしいお客様。徳島に帰られていた円山のYさんとボクでした。お料理好きのYさんらしいお土産で、珍しいズイキやお野菜の数々、徳島名産のスダチもいっぱい持ってきてくれました。

d0145345_17573478.jpg


杉本雅代さんの本を拝見してから、アロエと柑橘類で酵素シロップをつくりたかったので、さっそく先ほど仕込みました。早くできるように梅の酵素シロップも足して。善は急げです。

肌によいラベンダーも入れて、化粧水にもしたいなと秘かに計画中です。

ご近所付き合いできる方と好きなことが同じだとうれしいです。住みやすい円山に移住を〜。ご近所によい土地も昨日、売りに出されたそうです。そう、素敵なおうちの設計なら、わたしの夫にお任せください〜。
by higurashia | 2012-08-30 18:10 | いただきます | Comments(2)

ていねいな晩夏のお料理の会-2

d0145345_1701216.jpg

             撮影・編集/ yoshie

まだ暑い日が続きますが、円山ステッチでは数日前から赤トンボが飛び回っています。空の色もなんだか違います。「もう秋だよね?」わたし。「うん、もう秋!!」と夫。季節は一歩一歩変わっているように感じます。たくさん思いでが出来た今年の夏。たくさんの笑顔で円山ステッチがいっぱいになりました。8月が終わる前に残りの夏を楽しみたいなぁと、昨日の「円山生活の会」では、トマトのお料理を中心に楽しみました。

サン マルツァーノ、妙紅、桃太郎ゴールドなどの有機栽培のトマトなどを届けてくれたのは、吉永町の小さな農家、haru nouka.の井上敬二朗さん。
種まきしてお世話されている野菜の特徴や工夫されているところなどをお話して頂きました。農薬を使わないことで、手間はすごくかかるそうですが、トマトに「このひとたちは、、、」とおっしゃったので、お世話しているからこそ野菜にこのひとって言えるのかなぁって思いました。井上さんのお話、次回もぜひ!とみなさんの熱心さにも感動した時間でした。もちろん、お野菜たちは、とびきりおいしかったです。

お料理の方は、とにかく新鮮で安心して食べられる岡山のお野菜をたくさん使いました。円山ステッチのふぞろいのきゅうりたちやハーブ、よしえさんの畑のかわいいパプリカも参加。バター、玉子、お肉、お魚、お砂糖、コンソメの素などは、使わないで、オリーブオイル、豆乳、蜂蜜、スダチ、塩麹など植物性のもので提案しました。もっと思いのこもったものをと2月の会で仕込んだわたしのおうちのお味噌もかくし味に使ったところ「今まで食べたスープの中で一番おいしい」と、おかわりの列が出来ました。なんだか、給食みたいとほほえましく、みんなの笑顔もごちそうで、晩夏を満喫できた会になりました。みなさんの暮らしにつながるお料理の提案ができたでしょうか。

d0145345_1832472.jpg



次回の佐野明子の「ていねいなお料理の会」は、「わっぱをあいする会」として10月6日に予定しています。わっぱの輪が広がっています。お楽しみに。
by higurashia | 2012-08-29 17:40 | 円山生活の会 | Comments(0)

葉 月 の 会

d0145345_0405456.gif

by higurashia | 2012-08-25 00:30 | 円山生活の会 | Comments(0)

ちくちく手縫いの秋の会-1

d0145345_13552289.jpg


今度、簡単な裁断方法でストンと着やすい服を手縫いでちくちくつくる会があります。
手縫いのちくちくの会は、これで3回目です。教えてくれるのは、平山路子さん。いかに簡単に楽しくつくるかという、ゆるい感じが人気の会で、毎回次は?とリクエストも多い会です。
おひとり分まだ空きがあります。わたしもすごく楽しみにしている会です。縫いものはちょっと苦手‥ミシンもなかなか出来なくて‥と思っている方に楽しんでもらえればと思います。

9月、10月の第2土曜にあります。2回で完成させます。生地はリネンで色は、写真よりすこし濃い、やわらかい麻の色です。前あきにしたりもできるそうです。秋口には下に長袖をあわせたり、パンツの上に軽くはおったりも出来そうです。縫うのが少ない方がいいなと思えばかぶるタイプにも出来る形ですから、「好きなように縫えるように」と路子さん。ステッチを入れたりも楽しそうです。

d0145345_14154248.jpg


いつも楽しそうに会を進めてくれる平山路子さんです。今回も上に着る服を作る会をとのわたしのリクエストに応えてくれ、あれこれ研究し、試行錯誤の上、昨日宅急便で送って下さいました。その届いたものを今日見て、わたしはとっても感動しました。いたるところに工夫のあとが見えます。手縫いですから糸の色にも工夫されていて、とってもいいのです。羽織ってみると、軽くて、楽しい気持ちになりました。早く、縫いたいなぁと思ってます。


「ちくちく手縫いの秋の会」    造形作家 平山路子
9月 8日(土)  13:00〜16:30  5500円
10月 13日(土) 同じ  2800円 (共に材料費、お茶、お菓子込み)

持ち物/ 簡単な裁縫道具 (糸は不要です)
空き席、あとひとつです。サイズは対応できます。お問い合わせ下さい。お待ちしてます。

縫う建築円山ステッチで、縫う。縫うことは祈りに通じていると思います。祈りの時間を暮らしに。

満席になりました。ありがとうございました。8/24

by higurashia | 2012-08-23 14:29 | 円山生活の会 | Comments(0)

心よりそう写真の会-1

d0145345_19474788.jpg

             撮影/ 岡村典子

今日は1日中、「日暮らし」のことをしていました。やっと特集のイメージが閃いてきて、兆しが見えてきたところです。実は新しい試みをしています。それが大変なのですが、楽しい。

猛暑も少しは和らいだのでしょうか? 扇風機もかけないで、仕事ができました。今は、様々な秋の虫の声が聞こえてきます。8月ももう少しですね。

この前、ドイツから「円山生活の会」に参加したいと日本人女性の方から、お問い合わせがありました。それで、喜んでもらえることをと考えて10月6日土曜日に「わっぱで秋のお弁当の会」をすることにしました。マイわっぱある方はふるってご参加下さい。ない方もご参加お待ちしてます。少し販売用もあります。また素敵な会になりそうでしよ!!

9月の会、まだ全体が決まってなくてすみません。
今ご予約受付のものは、ふたつあります。そのひとつが、岡村典子さんによる 2回目の写真の会です。今回は、人物の写し方について教えて頂きます。

写されるのは苦手の方もいらっしゃると思います。構えてしまったり。写すときはどうでしょう。なかなか難しく考えてしまいそうです。

典子さんから素敵な写真が届きました。お友達のお子さまを撮影したもの。ハルコちゃんです。
その時にくれたメールの中の言葉が素敵だったので、ご紹介したいと思います。以下、典子さんより。

*** *** *** *** ***

 私は仕事での写真でもプライベートでも
 ある程度の関係性を持たぬとシャッター切れないのです。
 人の心に土足で上がることは
 簡単なことなのだけれども、
 人に寄り添って、人を思って、会話して、
 そこからの関係性で、 
 お互い楽しく、心和やかに出来たらなっていつも思うのです。
 
 会に参加してる人にもそれを実感してもらいたい。
 言葉で説明するのは簡単だけれども
 それだけでは終わらせたくないのです。
 きちんと感じてもらいたい。

*** *** *** *** ***

d0145345_20213597.jpg


典子さん、素敵な人です。写真を写すことを通じて、また何か、大切なものを感じていただけそうに思います。写真はわたしが撮影した典子さんで、わたしのお気に入りです。典子さんの師匠は上田義彦さんで、日本を代表する写真家です。



「心よりそう写真の会」    フォトグラファー 岡村典子

2012.9.7 (金)  10:00—13:00   (受付9: 45分〜)
参加費/ 2200円  軽食付き  (定員11名)
持ち物/ デジカメ 

心豊かになる素敵な時間になればと思います。ご予約お待ちしてます。







 
by higurashia | 2012-08-21 20:34 | 円山生活の会 | Comments(2)

コップをあいする会

d0145345_1858029.jpg

            撮影・編集 / yoshie



朝おきたら、コップでお水を飲みます。そしてその次に酵素シロップをコップで飲みます。
朝ご飯のあとは豆乳を飲んで、午後は氷がカラカラ楽しいアイス珈琲を楽しみ、夜はお酒を同じコップで飲みます。自然と手が伸びて、使いたくなるコップです。使ったことのある人だけが知っているコップの温かさ。割れないように大切に洗って竹ザルに入れたり、光が入るところに並べています。

今日の「円山生活の会」は、小谷真三先生の「コップをあいする会」。
おととい倉敷ガラスの工房から受け取ってきたばかりの箱。その箱を紐とくところから楽しみました。あえて、棚には並べませんでした。先生の手のぬくもりをそのままみなさんに感じてほしかったから。

新聞紙にくるまれた出来たてのコップを手に取り、広げてコップをかざす姿。満面の笑み。うれしそうなお顔、みなさんその時は、小さな子どもにもどったみたいにキラキラ輝いていました。素敵な笑顔をありがとう。

手仕事の美しいものを手元に置いて、毎日使う暮らしを大切に育んでほしいといつも思っています。心が動く手仕事のものには、あいする気持ちが宿るのです。気持ちが向くものは、そのものも気持ちを受け取ってくれるのです。棚の隅っこで手が伸びない器もあります。そういった器には、気持ちが向かなくなっているので、相手も自然と離れていくような感じにみえます。

今日、また出会った真三先生のコップ。この会に来て下さった方にだけの特別な販売会になりましたが、またご縁が生まれますように。今日参加してくださったみなさま、ありがとうございました。ゆうこさん、心がこもった桃のタルト、ありがとうございました。曹源寺の蓮の実を円山のTさんが届けてくれたお陰で、蓮の実を使ったお菓子も皆で味わうこともできました。

小谷真三先生がいつも「コップはわたしの命じゃな。命のコップ。」と言われているコップをみなさんに届けられることがまた出来て、うれしいうれしい夏の日でした。

よしえさん、いつも素敵な笑顔を逃さず写してくれてありがとう。ナイスですー。
みなさん、今日はドレスコードなかったはずですが、さわやか〜。 

またマイコップ持参していただいて、「小谷真三先生とたのしむ会」ができたらうれしい人がふえるかなと思っています。


*** *** *** 


夫とお酒をかわしならがの時間が終わった夜22時過ぎ、さっそくうれしいメールがもみえさんより届きました。

あきこ さま

今日は楽しい時間をありがとうございました。

アイスコーヒーのこと、お菓子のこと、氷のこと、そしてコップのこと。
本当にたくさんのことに触れることができて、
すごく自分が豊かになった気がします。

早速、氷を作り始め、可愛いコップを置く場所を作り、
ついでにキッチン小物のレイアウトもちょっぴり変えました。

何より円山生活の会の皆さんとまた一歩お近づきになれて
岡山での生活が一層また楽しいものになりつつあります。

仕事の仲間や避難者の仲間との絆も大切なのですが、
円山ステッチは素の自分に近づけるホームです。

お盆休みも関係なく仕事だったので、
今日はギューッと凝縮した贅沢な夏休みを過ごした気分です。
どうもありがとうございます。

小野哲平さんの器や円山マルシェが今から楽しみです。

それでは、残りの夏を楽しく元気に過ごせますよう。

もみえ

** ** ** ** **

みなさんのホームになれればと思っているので、うれしいわ。   あきこ








  
by higurashia | 2012-08-18 20:17 | gallery 円山ステッチ   | Comments(0)

ももちゃん酵素シロップ その2

d0145345_13493177.jpg


まだ暑い日が続いていますが、空が高くなったような気がします。窓から山の風が入ってきます。扇風機なしても気にならないくらいです。裏の小高い畑に白いムクゲのお花。夏空に白いお花がきれいです。今朝は坐禅会に行ってきました。

杏はお昼前にお風呂でさっぱり。「杏おいで〜」と夫がお風呂場から呼びます。呼ばれたときは、しぶしぶな杏なのですが、泡だらけになってもおとなしくしています。じっとしておりこうにしていたから、ご褒美をあげました。よく冷えたキュウリが最近のお気に入りなのです。大きめのキュウリの中の種だけでも食べてくれるので、大助かりです。お風呂の後の冷えたキュウリに、しっぽを振って嬉しそうな杏です。そう、酵素シロップのお水もあげています。杏も夏を越す事がんばってます。

桃の酵素シロップ、できましたとメール頂いたり、心配になって質問のメールを下さったりしています。写真の手前の4Lの瓶のものが、7月28日に仕込んだももちゃん。真ん中は初代のももちゃんで、色が違うのは、初代の実が固めだったことと、お砂糖が違うからかな? 奥のは、おうちのブルーベリーを混ぜたので、こっくりした色をしています。お留守にする時は冷蔵庫でお休みさせて、昼間は風の入ってくる窓辺かダンボールの箱(風通しの穴を開けて)に入れて風通しのよい廊下に置いています。そして、朝晩手で50回くらいずつ、話しかけながらやさしく混ぜています。岡山は桃の産地なので、新鮮な桃を頂く機会もあり、お陰でせっせと桃酵素シロップつくりに励んでいるわたしです。

もし、失敗したかなと思っても、まだ発酵する場合があるそうです。めげないで、がんばって下さいね。おいしく出来るイメージを持って、がんばりましょう。
by higurashia | 2012-08-05 14:13 | いただきます | Comments(2)

ももちゃん酵素シロップ

d0145345_16195380.jpg


8月になっても不思議なくらい元気なのは酵素シロップのおかげでしょうか? 内側から元気が出てくる感じです。お客様や家族がおいしいって言ってくれるので、せっせと作っています。これは、初代の桃酵素。28日に雅代さんが作ってくださったものも手で混ぜると今朝から泡が出てきました。あと、少しです。
初代のももちゃん、昨日はこんな顔をしてくれました。とってもかわいいです。

暑くても自然に寄り添う暮らしをしているので、酵素シロップに出会えてしあわせです。桃ではもう3回作りました。昨日は蓮の花びらを入れてみました。組み合わせにもわくわくします。みなさんも手間をかけた暮らし、楽しんで下さいね。

明日は、曹源寺の毘沙門祭。バザーもあります。わたしは11時からの本堂での祭典にも参加させて頂く予定。その後、お昼ご飯を振る舞って下さいます。祭典には、みなさんお供を包んでいかれています。ご老師のお話もお聞きできるので、とっても大勢の方がお見えです。(参加は予約なし可)
「円山生活の会」講師陣のくみさん、のんちゃんたちと書院でのかき氷にも行く予定です。バザー収益金は東北地方とインド、ネパール、チベットの子ども達へと寄付されます。いつもと違う曹源寺、とってもおすすめです。蓮もまだまだ咲き誇ってます。お時間ある方はぜひ夏の曹源寺へ。
by higurashia | 2012-08-02 16:43 | いただきます | Comments(0)

杉本雅代*桃の実酵素シロップの会 感想メール

d0145345_0233820.jpg


楽しくにぎわった二日間、本当に夢のようでした。あれから桃は少しづつ成長しています。

28日には、葉山の杉本雅代さんに「桃の実酵素シロップの会」を3回して頂きました。

地球のことを考え、体のことを思い、家族を思い、酵素シロップのことを伝えている雅代さん、とっても素敵な方でした。今回は高知に夏休みで旅行中、高知のカフェでもワークショップを22日にされ、27日のみわさんの「円山生活の会に参加」。そして、28日はご自身の会、その晩帰られました。岡山に来て頂き、本当にありがたかった。酵素シロップに出会えてこれからの人生、楽しさが倍増した感じです。




初めて参加してくれた Kさんからの嬉しいメールです。

佐野さまへ

先日のワークショップに参加させていただきありがとうございました。

以前から円山生活の会のブログを拝見していて、いつか行ってみたいと思っていたところ、興味がある酵素シロップのワークショップがきっかけとなりました。

ワークショップもさることながら、空間、雰囲気等々、とても素敵で、参加できたことがより嬉しくありがたく感じました。

初めての参加で緊張してしまい固まってしまっていた私に、佐野さんを始め、参加者の皆様、娘さんの心遣いが嬉しかったです。


我が家に持ち帰ったものは、立派に酵素シロップになりました。


また、ぜひお伺いできたらと思っています。よろしくお願いいたします。

d0145345_027766.jpg


たつの市から初参加して下さったO さんからは、お葉書が届きました。
一部、

「昨日の酵素シロップの会、本当にありがとうございました。
蝉時雨と吹き抜ける心地よい風、理想の夏と心落ち着く空間で心満たされた一日となりました。帰りは初対面のかなもりさんに駅まで送って頂き、すっかり岡山好きになりました」

今回、たくさんの方にお迎えや送りをして頂けました。いく(かなもり)さん、あゆみさん、えいこさん、えつこさん、かずみさん、ゆきさん、ありがとうございました。

まさよさんは、毎回その都度、始まる直前にお庭のハーブを摘んで用意してくれました。とっても気持ちを込めてくれありがたかったです。

d0145345_0345245.jpg


ふうちゃんは、会が始まる前に桃をあらったりしてくれました。

Hさんからのメールです。

明子さんへ

昨日はありがとうございました。
楽しくて為になるお話をいっぱい聞けました。
あれだけの人数、準備も大変だったかと思います。
シロップ作りにみわさんのパン、明子さんのサラダ、ミント水とやっぱりすてきな会でした。

酵素シロップ、一日に何回も様子を見ています。
気温が高いので涼しい場所へ移動させたり、保冷材を置いてあげたりしています。

雅代さんの酵素のお話、なかなか奥が深かったです。
最近、発酵食品の力ってすごいと身をもって感じてるので酵素シロップも
出来上がるのが楽しみです。

昨日はふうちゃん、しょうちゃんも大活躍でしたね。
二人共、とてもかわいくて会がより和やかになった気がします。

これから暑い日が続きますが、季節も恵みをたくさんいただいて元気に過ごしていきたいですね。

以下、略。


d0145345_036876.jpg


夜になっても会は続きました。まだふうちゃんは、しょうこと洗い物中。ワークショップでお手伝いをしたのは、円山ステッチがはじめてらしです。一緒にいると気持ちが和らぐいい子なので、また夏休みに来てほいしです。

d0145345_0365716.jpg


そして、不思議なことが分かりました。今、わたしのむすめは神戸で暮らしていますが、ふうちゃんたちも同じ通りに以前暮らしていたそう。むすめのこいとのマンションにはお友達がいたとか!!それだけでないのです。まさよさんにしょうこが渡した、わたしのメモ帳。以前福山で出会ったお気に入りなのですが、それはまさよさんが神戸のデザイン事務所にいた時に企画したものだったのです。深いご縁を感じた出会いでした。

メールや感想、たくさんありがとうございます。ブログに書いて下さった方のブログもご紹介したいので、公表していい方はリンクできるようにコメント下さると嬉しいです。
by higurashia | 2012-08-01 00:55 | 円山生活の会 | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る