<   2011年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

すてきなおしらせ!

d0145345_2258324.gif

by higurashia | 2011-10-31 22:58 | 円山マルシェ | Comments(0)

つなげること

d0145345_1828159.jpg


こんばんは。昨日、今日と円山ステッチでの展示会、店番をしていましたが、素敵な暮らしの道具たちに囲まれて、本当に幸せな時間でした。来て下さった方も、民藝のモノがお好きな方ばかりで、お話も楽しかったです。明日はお休みですが、マルシェの日もまだ色々とありますから、ご安心を。
さて、明日はお休みにしていたら、なんと〜尊敬する Aセンセーの授賞式と祝賀会にお供なんです♪ このところ、祝賀会続きでしあわせなわたしです。「焦せっちゃぁいけんよ。ちょっとずつ続けることよ」今日もやさしい言葉をお電話で頂きました。Aセンセー、また円山ステッチに!!

この2日間で自覚したこと。
やはりわたしは、何かをつなげる事がしたいのだなぁとつくづく思いました。「人はひとりでは生きていけない」。独身の時にいた会社の理念ですが、わたしが感じたことを誰かに伝える、思いをつなぐ、モノと人をつなげる、人と人をつなげる場所をつくることに生きがいを感じているのだと思います。手助けしてくれる方々、同じ思いを共有できています。いつもありがとう。

そして、マルシェも目前だけど、キミドリ分校のオーナーひさこさんよりすてきなお話をお聞きしたので、ご紹介します。
キミドリ分校は、古い道具や雑貨のお店です。円山生活の会に数回来てくださったご縁で、1日のマルシェに初出店です。

オーナーのひさこさんと少し前に打ち合わせしていた時に、「どうしてあのお店をつくったのですか?」と聞いてみましたら、落ち着いた声でゆっくりと、こんな風に話してくれました。
「実は、一冊の絵本からなんです。店のあの空間に出会った時に、不思議と思い出したんです」
それで、もう一度つなげる仕事をしてみたかったと。
ひさこさんに随分前に写真を送って頂いていたので、見て下さい。

d0145345_18553165.jpg


ひさこさんの心が動いた一度役目を終えたモノたちが、もういちどつながる場所、それがキミドリ分校なんです。お店は役目を終えた鉄骨の広いスーパーで、今は息を吹き返しています。
「円山マルシェ2011aki」、その日に、ここで集う方たちとまたつながればいいなぁと願っています。

火曜日は、雨の心配もなさそうで、なんだかうれしい。
by higurashia | 2011-10-30 18:55 | 円山マルシェ | Comments(0)

ていねいな暮らしの道具展-5

d0145345_8325082.jpg


おはようございます。
円山マルシェ2011aki 同時展示会
くらしのギャラリー「ていねいな暮らしの道具展」〜
いよいよ今日からです。月曜はお休みですが、「円山マルシェ2011aki」の1日まで展示はしております。 1日はにしな店長が来て下さいます。とっても気さくな方ですから、民藝のことをお聞きしてみてくださいね。

普段の暮らしに民藝の手仕事のものを取り入れて、ていねいな気持ちで暮らしたいものです。わたしがすきなのもばかり入れて頂きました。なので、円山ステッチの珪藻土の壁の棚と山本美文さんのテーブルがご機嫌な顔をしているようです。

お庭の小菊が昨日からほころび始めました。気持ちのいい季節です。ぜひ、お顔を見せてくださいませ.
マルシェの日以外は駐車場があります。

会場の地図は→
迷われましたら、お電話お待ちしてます。086-238-7582 ( 円山生活の会 佐野)
by higurashia | 2011-10-29 08:32 | gallery 円山ステッチ   | Comments(0)

土楽窯の土鍋

d0145345_115564.jpg


土鍋の話がなんだか多い気がしますが、やはりロクロで作った土鍋はいいです。
型ものが多いのは、本当に寂しいです。
おうちも大工さんが作ってくれた方が、心地いい。
お粥さんは、国産の土でロクロで作った土鍋の方が、体にもいい。

土楽窯の土鍋は、使うと手放せなくなり、もうひとつほしくなるのです。倉敷ガラスとおんなじ。
by higurashia | 2011-10-28 01:20 | 円山マルシェ | Comments(0)

フードメニュー Vol.4

d0145345_01329100.gif

by higurashia | 2011-10-28 00:10 | 円山マルシェ | Comments(0)

おもてなしの心で 

マルシェまであとわずかになりました。今日も準備にお手伝いスタッフの方が数人来て下さいました。
お家で準備もしてくれている方、最終の確認事項の連絡を取り合ってくれている方々、みなさんありがとうございます。「円山生活の会」のメンバー13名が、今回のお手伝いスタッフに手を挙げてくれました。
また、出店をして下さる方々ですが、お仲間も入れて当日25名での参加。そしてわたしの家族が2人。
総勢40名と一匹で皆様のお越しをお待ちしています。

関係者のみなさま、連日の準備お疲れさまです。降っても、晴れても、笑顔で楽しみましょう。
どうぞ、おもてなしの心でよろしくお願いしたします。   明子
d0145345_2364195.jpg

by higurashia | 2011-10-27 23:00 | 円山マルシェ | Comments(0)

ていねいな暮らしの道具展-4

d0145345_19123823.jpg


こんばんは。夕方から冷えてきましたね。
今朝、コメントがオランダから来ていました。なので、オーバルの器の尚之さんの紹介しましょう。
つくり手は熊本で作陶されている井上尚之さんという30代の方です。スリップウェアの器を主に作られていて、その伸びやかさとセンスが健康的です。オーブンも可能なので、これからの季節には毎日のように使えそうです。もちろん、和食を盛りつけてもOK ! パンでもOK フルーツも、いいです。
気になるお値段ですが、お求めやすいのです。ぜひ、一度使って頂きたいと思っています。
めし碗もすごくいいのが来ていますよ。

d0145345_19131967.jpg


そして、伊賀の里、土楽窯の土鍋が届きました。こちらは、黒鍋です。

d0145345_19141132.jpg


そして、こちらは、わが家の口付黒鍋です。いつも見える所に置いてあるので、「これ、いいですか?」とよく聞かれます。お鍋の裏を見て頂きます。「土がいいのですよ。伊賀の土ですからね。冷めにくいし、美味しくできますよ」とお答えしています。それに、そばに置いておくと気持ちが安らぐのです。安心感があるからなのかなぁと思います。
「器は前に出ず、後ろに下がり過ぎず…」土楽窯さんのホームページの言葉が好きです。
その質感、持った感じなどぜひお確かめ下さい。

今日は少し冷えるから きのこを色々入れて湯豆腐にしよう! 
by higurashia | 2011-10-26 19:49 | 円山マルシェ | Comments(4)

ていねいな暮らしの道具展-3

d0145345_22544914.jpg


昨日、民藝の器や硝子、土鍋などぞくぞくと入ってきました。
もう、素敵すぎて、円山ステッチの硝子のお部屋が、生き生きとしているようです。

焼き物/太田哲三、井上尚之
硝 子/小谷眞三、石川昌浩、太田 潤
カゴ/ 蒜山がま細工、鹿児島の真竹のカゴ、東北の根曲がり竹のカゴ、盛りザル
土鍋/ 土楽窯
布/谷由起子 ラオスの手仕事の布
こぎん刺し/ 弘前こぎん研究所
曲げわっぱ/九嶋曲物工芸のおひつ、弁当箱 

ふだんの暮らしに使ってほしいものばかりです。盛りつけを考えたり、自分らしい使い方を想像したり、なんだか、すごくしあわせです。すでにお問い合わせ、受注を頂いております。
ぜひ、お手に取ってごらん下さいませ。

展示は、29日11時スタートです。お早めに。
by higurashia | 2011-10-25 23:14 | 円山マルシェ | Comments(1)

フードメニュー Vol.3

d0145345_23193753.gif



今日も午後から円山マルシェ2011 aki の打ち合わ、4つをしました。いつも円山まで来て下さり本当にありがたいです。

では、写真の説明をします。
今回、初出店のAtelier Plusの しおみかずみさんは、ライ麦パンと全粒粉のパンを準備してくれます。かずみさんは、10数年もの間パン教室をひとりでされているナチュラルで、ちょっと天然な人。その天然さがわたしと似ているとか、いや明子さんほどでないでしょとか、聞こえてきそうだけど、円山生活の会、参加率トップクラスの人なのです。それだけ円山を愛してくれている感性豊かな方。お一人でされていますから、たくさんの方に味わってほしくて、円山生活の会のスープとコラボして頂いたのです。
そのスープは、春に引き続きシェフは451BOOKS のYuki さんです。Yukiさんは、伝説のカフェのオーナー。カフェメニューを考案するにあたって、海外を視察(いえ、食べ歩いた?)された大変くいしんぼうなお方です。その腕を見込んで!(頼って)この秋も彼女にスープをお願いしましたよ。
かずみさんのパンが美味しくなるように、Yukiさんが考えてくれたスープ、秋の野菜たちにプルーン、そして少しだけナツメグを加えたトロトロスープ(トロロではないですよ。トトロでもないすよ)となりました。実は、ここでお断りをしなくてはいけません。秋野菜のラタトゥュがトロトロスープに変更になりました。楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。
プルーン入りトロトロスープPlus セット30食限定になります。お一人様 1セットにさせて下さいませ。そう、メインのかぼちゃは、オルト・デリの野菜バイヤーさんが届けて下さいました。なので、みなさんの心がこもったスープになると思います。

それから、CoMAの長岡浩範さんから珈琲とチーズケーキの素敵な写真が届きました。
長岡さんの珈琲は、「いつも安定している美味しさ」と表現したくなります。きっと行列ができても、けして焦らず(顔には出さず)、丁寧に淹れる姿が当日も見受けられるでしょう。長岡さんとの出会いからもう5年くらいでしょうか。「北欧の家具で隠れ家のようなカフェがあるけど明子さん行かない?」って、当時直島の美術館の関係者さんから誘われました。目が肥えた彼女のいう通り、居心地のよさに加えて彼のたたずまいが、とっても新鮮だった。そして長岡さんは、「日暮らし創刊号」を二番目に読んでもらった人。本に思い入れのある彼に見せて、意外な返事が帰ってきたので今のわたしがあるようなもの。それは、「続きが読みたいですねぇ」の一言。彼のぼそりと言った声は、わたしの心に今も刻まれていれ時々、ふわっと励ましてくれるのです。

それから、くみさんこと、やさい食堂こやまの石川楠味子さんからも感動的な玄米とやさいのお弁当の写真が届きました。すべて自家製です。もちろん調味料も厳選されています。特にお塩はチベットのものをいつも使われています。量はいつものこやまのお弁当より軽めです。ケーキやパンもいけそうですね。くみさんとの出会いはくるみの木の石村由起子さんがご縁でした。数年前、岡山丸善表町ギャラリーで「奈良 くるみの木展」で来岡されていた石村由起子さんの希望でやさい食堂こやまさんをご案内したのですが、その時に、由起子さんのご来店を小躍りするかの盛り上がりで喜んでくれたのが、くみさんでした。そのくみさん、11月15日には、「円山生活の会」、2回目の「日々のご飯の会」(お料理教室)をして下さいます。火曜日はその打ち合わせに円山ステッチに来て下さいます。とってもおいしくて楽しい会です。詳しいお知らせをまたいたしますので、もう少し待ち下さいませ。
by higurashia | 2011-10-25 00:15 | 円山マルシェ | Comments(0)

円山マルシェ恒例 ご縁のおむすび

d0145345_18482999.gif

by higurashia | 2011-10-22 18:49 | 円山マルシェ | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰と冊子「日暮らし」を作っています佐野明子のページ。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて人と自然がとけあう暮らしの提案をしています


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る