<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

処暑の会 - かぼちゃアイスクリーム作り

d0145345_2365776.jpg

「処暑」ー暑さが遠のく頃、今年は秋の訪れが遠いそうですが、円山ステッチは操山からの風が少し秋めいてきました。二十四節季の暮らしの会、「円山生活の会」には今日も素敵な方達が参加して下さいました。皆さんと楽しんだのは、かぼちゃのアイスクリーム作り。おいしそうでしょう! 岡山産の白桃のコンポートと白玉。そして岡山産のピオーネのジャム。かぼちゃは、畑で初めて私が作ったものなんです。皮に近い緑色の実の部分もきれいだったので、茶巾絞りに。みんなで作った愛のあるアイスクリームはサイコー!

d0145345_2315290.jpg

これです。左のかぼちゃクンが、円山ステッチ畑のもの。これは春先に禅寺の曹源寺さんの畑からやって来たもの。届けてくれたのは、私の畑友達のベルギー人の修行僧の男性。「ありがとう!元気に育ちました。今日、みんなで楽しみましたよ!」

d0145345_23213010.jpg

今日、参加の皆様。初対面の方がほとんどにもかかわらず、和やかで笑い声がいっぱいでした。2回目の方が多く楽しまれ方もゆったり。嬉しかったのは、皆さん、大切に食材を扱われていたこと。

d0145345_23264673.jpg

これは、今日のしつらえ。丘の上の畑のおじさんから「観賞用にね」と頂いたスイカ。そして、見えるかしら?楓の木を剪定してもらったら、きれいに残っていたちっちゃくて繊細な鳥の巣。ちょっと珍しいですよね。

そして、夕方にはちょっと夕涼みのお散歩。お寺の6時の鐘も聞くことが出来、今月の会もみなさん笑顔で帰られていかれました。「円山生活の会」、来月は9月21日と27日に予定しています。ご予約、お問い合わなどお待ちしています。ありがとうございました。
by higurashia | 2010-08-28 23:45 | 円山生活の会 | Comments(0)

12号出来ました

d0145345_11251889.jpg

         写真 特集の新藤佳子さんのコースター(手前)

リトルプレス日暮らし12 「リトルプレス展3」にて先行発売中です

目次をちょっと紹介

は じ め に
特集 いつも暮らしにホームスパン
    新藤佳子さんが円山ステッチに来てくれました
特集 山本美文さんと作る桜ものがたり
    庭の桜が生まれ変わりますように
連載 円山生活 2
    山あり谷あり円山ステッチ 一話
    まるやまご飯
    旅する暮らし
    梅しごと 今年は記念の梅干しが出来ました
連載 日々の暮らしの中から 12 からっぽの素敵
連載 日々のしあわせ 7 ちょっと手仕事
あ と が き

A4 判・定価500円   発行日 2010年8月28日

只今、出石町のpieniさんにて、「リトルプレス展 3」が開催されています。
「日暮らし」 バックナンバーも置かせて頂いてます。お時間ありましたらぜひ足を運んでみて下さい。

リトルプレス展 3
2010.8.21(土) - 9.2(水)13:00〜20:00 月曜休

12号ですが、他のお取り扱い店さんにはこれからお届けしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。
by higurashia | 2010-08-25 12:06 | 「日暮らし」バックナンバー | Comments(0)

リトルプレス展 3 と最新号

d0145345_20294889.jpg


夏の終わりに新しい「日暮らし」がようやく出来そうです。もう12号になるんですね。いつもお読みいただいている方には、お待たせしちゃいました。11号が2月でしたから。拠点造りや引っ越し、庭作りと季節は変わり、ここ円山での暮らしももう5ヶ月になろうとしています。
自然に囲まれ、季節の声もより瑞々しく聞こえてくる円山ステッチ。何げない毎日が特別な日と思える暮らしの中から、小さなしあわせをそっと手に取り綴ってみました。お手元に置いていただけると嬉しいです。

21日から始まる岡山出石「pieni..」での「リトルプレス展 3」には、発行より一足先に「日暮らし 12」を持って参加します。展示では創刊号から別冊を含む13刊の閲覧もどうぞ。5号〜12号はお求めいただけるように取り揃えてなくては〜

「リトルプレス展3」の詳しいお知らせは、今回も展示の協力451ブックスのページを→451BOOKS

by higurashia | 2010-08-12 20:53 | 「日暮らし」バックナンバー | Comments(9)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia