<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

沈丁花とアーモンドトースト

d0145345_19585136.jpg


春の雨の翌日は、やはり温かい一日でした。
大切にしている「 n100 」のカーディガンで、出かけることが出来ました。コートがいらなくなると、心も軽くなるのは、なぜでしょうか。2,3日前から街角にある植え込みの沈丁花が、ポツポツと開き始めました。いい香りにふと、足を止めてしまいます。この季節にならないと、気がつかないような沈丁花の植え込み。出石から城下に行く歩道、画材店アムスの北の信号、今なら気がつく人も多いはず、、、。

そして、昨日は食パンのお裾分けが届きました。お友達は、「白神こだま酵母」でパンをこねています。世界遺産の白神山地、そのブナの森の命がわが家にやって来ました。こうした手仕事から生まれたものは、心がこもっていて元気になる気がします。
大切に食べたいので、今日は、アーモンドトーストを作ってみました。一度焼いてバターをぬった上にローストアーモンドをパラパラ、、、もう一度焼いて、仕上げにお砂糖を混ぜたきな粉をたっぷりとまぶしてみました。トーストって、ほんとうに食べ飽きないですね。

あっ、わが家のトースト専用の器は「器と暮らしの道具 OLI OLI」から送って頂いた余宮 隆さんの鉄点入りの粉引。 余宮 隆さんは、2010年5月8日、9日は「フィールド オブ クラフト 倉敷」に出展されるのですよ!!いつもブログ(リンクの朝虹窯)を拝見していますし、ご本人にお会いしてみたいです♪

トーストから、またわくわくするようなことを思い出しました。友人に感謝です。
by higurashia | 2010-02-27 19:58 | いただきます | Comments(2)

春は、ここにも

d0145345_18285418.jpg


今日は、やわらかい春の空気を感じました。暦の上では、「雨水」。雪が雨に変わり、暖かさが増してくる頃。「うすい」という響きに、透明な春の雨のしずくを思います。暖かさを待ち望む雨もいいものです。

椿に水仙、どことなく控えめなお干菓子は、倉敷にお住まいのKさんが、届けてくださいました。お茶の盛んな松江にある彩雲堂さんのもの。
かわいくて、まだ眺めています。

d0145345_20264275.jpg


野にもわらび…。岡山にお住まいの I さん、ありがとう。もっちりしていておいしかったです。中納言の石原さんのおまんじゅう。焼き印のわらび、かわいいから私もほしいです。ちょこんと押してみたいわ。

d0145345_18494723.jpg


まだお会いしたことがない読者の方からのお菓子です。わざわざ、今日の午後にpieni..にことづけて下さったものです。pieni..での「リトルプレス展 2」に来て下さって、温かいメッセージもありがとうございました。奉還町の出水松月堂さんのいちご大福です。娘たちが帰ってきてから頂きたいと思います。

和菓子には、手のぬくもりを感じます。日本の季節のうつろいも。だから、ほっとします。
仕事の手を休めて、お茶を頂くしあわせな時間も生まれます。そんなひとときを私や家族に下さっているのですね。ほんとうに、日々の暮らしにしあわせが生まれています。
「日暮らし」から生まれるご縁の輪は、いつもやさしい色をしています。
by higurashia | 2010-02-24 19:19 | いただきます | Comments(2)

花ほころぶ

d0145345_20384934.jpg


大きな花桃の木が、二本あります。先日見上げると、ひとつふたつとつぼみがほころび始めていました。現場監督さんが足場に上がってひと枝上から手渡して下さいました。暖かい日が続いているので、いっぺんに咲いてしまわないか気になっています。出来ればお雛の頃に咲いてほしいものです。

d0145345_18515.jpg


そして今朝は、その花桃が部屋の中で咲き始めました。ちょうど娘がクレープをたくさん焼いていたので、大島系里桜の塩漬けをのせてみました。桜のほわっとしたいい香りが、生クリームにとても合うと思います。この桜を教えてくださったのは、自然食のプチ・メリットにいらっしゃった大島さん。大島さんは、県北に移られてからお会いしていないのですが、この「桜香」への思い入れが、とても深い素敵な方でした。そんなことを思いながら、花を見ています。
春の足音が、聞こえてきたみたい。


40枚の花びらの桜の塩漬け「天然 つのやま 桜香」 お問い合わせ プチ・メリット 086-232-8386
by higurashia | 2010-02-22 21:06 | いただきます | Comments(0)

嬉しい一日

d0145345_1765029.jpg


今日は、気になっていたことが出来ました。寒中お見舞いを頂いていた方(9号のあのお方)へ、お手紙を出すことができたのです。あぁ〜ひとあんしん、、、いつも葉書だと書ききれなくなり、何度も失敗してしまうので、あの遊び紙のデザインのものを封筒と便せんにしてみました。ちょっといい雰囲気なので、お送りする前に記念写真を撮りました。

それから、嬉しいことがありました。お取り扱い店さんの「ゆくり」さんの2月15日ブログのぞいてみると、ハッ!!としました。「日暮らし」です。並んでいます。そして、そして読み進めていくと、なんてまぁ、うれしいこと。こんなにも、時間をさいて下さって本当にうれしいです。
手紙もブログも私のことを思って大切な時間を使って下さっているので、ありがたいなぁ、と思います。

ゆくりさんのすてきなブログです→「ゆくり

最近、親しい読者の方が、日暮らしのお取り扱い店巡りというものをされていて、先日は、初めて「ゆくり」さんへおじゃましたそうで、感動した様子に私もうれしくなりました。ゆくりさんは、古民家に住まわれながら器のお店をされています。とても女性らしい方で隅々まで気を配られた空間でお茶も頂けます。ひとりで行っても心地よいところだと思います。妹さんは、陶芸家の中川貴美子さん。姉妹で雑誌にも出られているので、みなさまご存知だと思います。ゆくりさん、ありがとうございました。また、おじゃましたいと思います。

そして、うれしいかったことまだあるのです。
日曜日、11号の特集「倉敷の ノッティング」の作り手さんからうれしいお電話をいただきました。
月曜日、11号の特集「読谷村北窯」の親方からうれしいFAXが届きました。
お二人とも「日暮らし」をお届けしてすぐなんです。なんとも、しあわせです。感謝いたします。
火曜日、今日は10号特集のK先生にお電話。先生は展示会前でとっても大変そうでしたが、話の花が咲き、随分長いこと話してしまいました。その上先生は、「あそこに行ったらいい記事が書けるよ。先方さんには言っておいたから」と、いい所を教えて下さいました。すごく好みのところでした。早く行ってみたいけれど、気候がよくなったらと、楽しみを先に、、、ほんとうに、K先生って温かい方でしょう。展示会とっても楽しみです。

pieni..での展示会に書き記されていた言葉もうれしかったです。
ブログを読んで下さっている方が、いっぱいいらっしゃったので、長々書いてみました。
今日も読んでくださってありがとう。
by higurashia | 2010-02-16 18:16 | 日々のしあわせ | Comments(2)

お味噌づくり

d0145345_1620910.jpg


夕方から雨も上がり、北窓から見えるいつもの景色も変わってきました。さまざまなグレイッシュな雲とその下の山々を包む白い空の色が、とてもきれいです。

昨日までのリトルプレス展は、「日暮らし」も多くの方に見て頂くことが出来ました。メッセージもたくさん残してくださり、ありがとうございました。手書きの文字の温かさが、今回の宝物になりました。

一息ついたので、今日は朝からお味噌を作っています。老舗のとても手間をかけられた麹が手に入ったので、これは気持ちを込めて手でつくろうと、ひたすら大豆を潰していっています。部屋の中には煮えた大豆のいい香りが満ちて、いい時間を過ごしています。
おいしいのが出来ますように、、、
あの方が来てくれるといいなぁ、、
あの人はどんな風に喜んでくれるかなぁ、、
お世話になった方に食べて頂きたくて、感謝の気持ちを込めて、祈りつつ。

d0145345_1659580.jpg

今年も、母からもらった「セッコク」のかわいらしい花を見ることができました。よく見ると、つぼみが三日月なんですね。蘭の品種です。白い小さな花が好きな私のことを母は、よく知っています。「さいたよ!」と電話しよう。春は、もうすぐ。
by higurashia | 2010-02-15 16:57 | いただきます | Comments(0)

サンシュユと「日暮らし11号」

d0145345_150373.jpg

つぼみが、かわいらしい花。ぽつぽつと咲き始めてくれました。サンシュユといいます。
最新号の「日暮らし 11号」の表紙は、この花のつぼみをイラストにしてみました。

d0145345_154549.jpg

そして表紙の色は、この季節好きなすみれ色。遊び紙にもサンシュユの小枝を並べてみました。ちょっとかわいくできたので、てぬぐいになったらいいのにと、思ってしまいました。

d0145345_151353100.jpg

この号の特集記事のイラストです。沖縄の読谷山焼北窯の松田米司さん共司さんを娘と二人で訪ねました。倉敷とは縁の深い沖縄。お二人はとてもやさしい方で、倉敷生まれの私を快く向かえてくださいました。米司さんも共司さんも生まれた土地で琉球人として「土」に向き合っていらっしゃいました。気さくな温かいお人柄の方で、娘にも「またおいでー」って、おうちでなった貴重なバナナを下さいました。大喜びの娘は、パッションフルーツまで頂いて帰りました。取材は、本音で深いお話をして下さって初めてお会いしたとは思えず、とっても感激しました。


その他、新連載も始まりました。岡山の暮らしをもっと楽しみたいと思っています。皆様の暮らしの中につながりが生まれると、しあわせに思います。
 
春節を前に、サンシュユの花と、、、感謝をこめて。  

日暮らし 11号  
2010年2月14日 発売
絵 . 文 . 写真. 編集 / 佐野 明子
A5判 16ページ  定価 500円
by higurashia | 2010-02-13 15:48 | 「日暮らし」バックナンバー | Comments(2)

雨の日の散歩

d0145345_10594753.jpg


昨日は、やっと11号を送ることができ、一安心。お世話になっている方には直接お渡ししたいのですが、
沖縄、松江、倉敷に早く届きますように、、、。その後、展示会場の「pieni..」へ追加の「日暮らし」をお持ちしました。「日暮らし」のテーブルの前には、かわいらしい方が数人お見えになっていて、お話をさせて頂きました。瞳の澄んだ方々ばかりでした。「pieni..」では、ストーブの暖かさとその場所のもつ、なんとも心地よい温かさにしあわせな午後でした。雨の中、お越しいただいてありがとうございました。うれしかったです。

そして、その後、倉敷の友人と傘をさして後楽園をお散歩。「雨もいいね」と、よい時間を過ごせました。慌ただしい日々、ひととき季節のお花を見れてよかった。雨の後楽園、そのときにしか出会えない景色がありました。
昨日は、何もかも忘れて自然の美しさに吸いこまれた私です。


d0145345_11255328.jpg



d0145345_11264982.jpg

by higurashia | 2010-02-12 11:19 | はな・みどり | Comments(4)

約束

d0145345_8582847.jpg

今日は、暖かい一日でした。雨もさして降らず、午後に出来たての「日暮らし11号」を持って、
展示会場の「pieni..」まで行きました。11日の祭日には間に合わせますと言っていたので、少し早くてhidemiさんは驚いていたよう。
発売日は、14日としています。遠方のお取り扱い店さんには、14日に間に合うようにお送りしたいと思っています。お近いところは、持参できそうです。

今日は約束が守れてよかった。
by higurashia | 2010-02-09 19:11 | 出演・取材・ | Comments(0)

届きました。一安心、、、

今日は朝早く、新しいアトリエ付き住宅の現場に行ってきました。風も冷たく、北の庭は、うっすらと雪化粧、、、桜の樹の下が白く染まって美しい景色でした。
工事は、随分進んでいるように見えましたが、職人さんたちにとっては、まだまだ先が遠いように感じました。細かいところにも、愛情を感じる建物になってきていました。

そして、帰ってみると「日暮らし」の印刷が届いていました。予定より3日も早いのです。嬉しくて、すぐにでも展示会に届けたいのですが、表紙作りを後回しにして展示の準備とバックナンバーを優先していたので、出来るのは月曜日になりそうなんです。実は、表紙がなかなかうまくいかず、また直しているのです。

発行日ですが、2月14日、旧正月の日としています。
読んでくださった方が、日々を新しい気持ちで過ごせますように、そんな思いを込めて旧正月の日にしました。
出石のpieni..での「リトルプレス展 2」では、先行発売いたします。11号なので、縁起よく11日に決めました。そうしたら、突然macが壊れてしまうという、予想もしていなかったことが起きてしまいました。一瞬どうしようかと思いました。でも約束していたので、がんばることができました。多くの方に心配していただいて、ありがとうございました。無事に印刷が届きました。一安心です。いいものにしたいので、あせらず、でも1日でも早くお届けできるといいな、と思っています。

pieni..のhidemiさんが、ていねいに展示の様子を紹介してくださっています。お取り扱いして下さる方と気持ちが通じ合えることは、しあわせだなぁ、と思います。
by higurashia | 2010-02-06 22:44 | 「日暮らし」バックナンバー | Comments(0)

立春の日は、、、

d0145345_12324010.jpg
d0145345_12325511.jpg


昨日は、冷え込んでいましたが、立春を迎え、気持ちはすがすがしくなりました。庭のサンシュユに、かわいらしいつぼみも見えます。

そして、奈良のお世話になっている方から素敵な贈り物が届きました。東大寺の「薬湯」天真です。
ほんまもんの薬草が、たっぷり、、、お湯に入れるといい香り。お湯に浸かりながら、日本人でよかったと、思いました。娘は、いつもより長めでした。出てくるなり「やみつきになりそうな味〜」、、、
まさか、飲んではないと思いますが、お茶につかっているような色と香り、わが家は、薬草茶愛飲なのでした。それでかもしれません。疲れもとれて、今日も準備がはかどりそうです。
奈良に行って久しぶりに知人にお会いしたくたくなった立春の日でした。

そうでした、節分の日もいいことがありました。その日は「リトルプレス展 2」と「オープンハウス」の準備にかかりっりきりで、恵方巻きを作る食材を高校生の娘に頼んだのですが、メールがきて「いいもの買ったよ!!」と。何かと思えば、冷蔵庫に鯛の切り身!天然の鯛が、お買い得になってたからと、娘は満足気なようす、、、そして、すばらしいことに娘が、その鯛で潮汁を作ってくれたのです。昆布でお出しをとって、ゆずも松葉にしてありました。潮汁が好物の夫用におかわりまで。娘の気持ちが、染みわたった節分の夜でした。皆さん、ありがとう。
by higurashia | 2010-02-05 12:46 | 日々のしあわせ | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る