2018年 05月 19日 ( 1 )

5月19日*川島鍛錬場へ出張 *

d0145345_15550134.jpg

昨日の屋根を叩き付けるような激しい雨も上がり、お天気に恵まれた土曜日の朝、ここ長船の飯井は、瑞々しい緑に囲まれていました。

今日は、円山を飛び出して、東へ約50分。かつては日本刀の製産が日本一だった備前長船へ行ってきました。

d0145345_15551147.jpg
迎えてくれたのは、円山ステッチでの「包丁展」では、おなじみの刀匠 川島一城さんです。手にもっておられるのは、鍛える途中の刀になる素材、玉鋼(タマハガネ)です。

d0145345_15550717.jpg
実演をしていただく前に、前の庭にてタマハガネについて説明をしてくださいました。軽石のように見えますが、とても重いので、参加のみなさんは、びっくりされていました。これを通算何トンも使用されているのですね。


d0145345_16144261.jpg
今日は、3月に円山ステッチで開催した「包丁展」の時に、お客様さまから「見学会をぜひ」と、リクエストいただき、なかなか実演まで見せていただけない「刀づくりの見学会」となりました。それで、せっかくなので、フイゴの使い方や鍛錬の仕方を学ぶ会になりました。

いつもそう思うのですが、所作に無駄がなく、お仕事の時は、武士のような川島刀匠です。普段は、ちょっとおちゃめな面があります。
d0145345_15551623.jpg
「すべて、ジブリの世界のよう」。そんな風に前に次女が感想をいいましたが、置いてあるものが手から生まれたもので、道具も手づくりするのが、当たり前の世界だとか。鍛錬場の炉も手づくりです。

d0145345_15552194.jpg
川島さんの包丁やペーパーナイフは、男性の方にも人気で、今回とても熱心にお話を聞いて下さっていたのオーナー様。「体験してみませんか?」と川島さんもサービス精神を発揮されていて、和やかな雰囲気に包まれていた会でした。




d0145345_15552867.jpg
実は、ご夫妻での参加が、3組ありました。「出張 円山生活の会」だったら、ありかもしれませんね。
「こちらは、いつでも歓迎ですから」というわたしの笑顔、伝わっていたら、うれしいです。
d0145345_16163482.jpg
「女人禁制ではないの?」「いえ!女人歓迎です!」と、フレンドリーな会話も聞こえてきたり。いい感じで、


d0145345_17124102.jpg

女性の方々も積極的な円山生活の会。普段お使い下さっている包丁の生まれた場所ですから、
なおさらの事でしょう。ありがとうございます。

d0145345_15553326.jpg


さらに、「円山マルシェ」では、蜂蜜の販売をして下さっている笠原さんも腰を入れて、本気モード。
本当によい時間でした。



そして、よい汗をかいた後は、やはり、おいしいものを一緒に食べる。
これは、「円山生活の会」では、外せない事ですから、わたしが担当しました。



d0145345_15545050.jpg
「羽釜で炊いたご飯でおむすび」これさえあれば、もう何もいらないでしょう、と思い準備。
こちらの自然がごちそうですから。

お米は、この土地のものを使え、ありがたい気持ちで、研いでいきました。

d0145345_15554568.jpg
前に、山梨の四井真治(自然と共存する暮らしで腸内フローラがすごいとテレビにご一家が出られた)さんが、うち(円山ステッチ)に新納平太さんの「海苔の会」に来てくださり、お庭で羽釜を使いました。キャンプも大好きなので、外でご飯を作ることにすごく幸せを感じながらのひと時。無事に炊けたようなので、取り出して撮影。

d0145345_15555036.jpg
少しだけお水を減らしていました。おむすびですから。

火をおこし、強火で15分。ぐつぐついってきたら、羽釜を上にあげて、15分。
守ることは、ふたを開けないこと。10分は、蒸らすこと。
そして、しゃもじで、切るように天地返し。
混ぜすぎないこと。

d0145345_15555629.jpg

そいて、手がやけどしないギリギリの熱さで、塩をつけてやさしく。わたしは、お水はつけないで握ります。熱いと手にご飯粒がつないので。その方がおいしいと思うので、このスタイル。だから、わたしの手の皮は厚くなってるかも。
d0145345_15560207.jpg
d0145345_17271645.jpg


d0145345_15560701.jpg



「海苔が、違いますね。湿らないですね」。そうお褒めいただきました。酸化防止剤不使用の出水の海苔を持っていきました。

d0145345_16194635.jpg


d0145345_16195261.jpg
次回は、8月くらいに「包丁研ぎの会」が、円山ステッチでできたらと、話し長船を後にしました。

さぁ、また川島さんの包丁を大事に使わなくっちゃ。


d0145345_15550134.jpg






by higurashia | 2018-05-19 16:11 | 円山生活の会 | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る