2018年 03月 04日 ( 1 )

3月4日*包丁展・銘切りとイベント*

d0145345_21550572.jpeg


サンシュユの黄色いお花が澄みきった空にまぶしいくらい美しい日でした。パンのイベントも包丁展の関連イベントで開催した日曜日。


d0145345_21581774.jpeg


遠くは福山から、真庭から、赤磐からと、ひっきりなしにお客様が来てくださり、すばらしい一日になりました。


d0145345_21591353.jpeg


d0145345_23000042.jpg


d0145345_22401308.jpg


d0145345_23010264.jpg



d0145345_23490510.jpeg

お買い上げのお客様にも立ち合っていただき刀匠 川島一城さんによる銘切り実演は、たくさんの方々に見ていただき、とてもありがたい一日でした。


d0145345_22000716.jpeg

川島さんの包丁は、食べものを切る道具ではなく、お料理することがうれしい気持ちが、溢れてくれ包丁なんです。実際に、ギャラリーにて人参を切っていただいていますが、その違いに、みなさん感動されるのです。


d0145345_22404274.jpg


d0145345_22002695.jpeg

d0145345_22032147.jpeg


せっかく岡山の備前長船にすばらしい文化があるのだから、備前長船の川島さんの包丁を使っていきながら、愛用者として、またつなぎ手として、瀬戸内の文化の継承もしていきたいと思いながらこんな説明書も作っています。今回からサインを入れていただいています。



d0145345_22401887.jpg

こうして、円山ステッチでは、「川島さんの包丁のある愛に満ちた暮らしを提案」をしています。

今日は、展示会の関連イベントとして、川島さんの包丁で、石窯ぱんやnicoさんのパンで次女こいとが、サンドイッチを提案しました。

d0145345_22075400.jpeg

玄米食パンは、川島さんの包丁で切るときめ細かくきれますし、野菜サラダのマッシュルームもチーズも薄くきれいに切ることができていました。

吉田牧場さんのチーズは、3種類。カマンベールとマジヤクリとラクレットを使用。蒸した菜の花、ルッコラもご好評いただいていたようです。サンドイッチは、奥が深いですね。

甘い系のサンドイッチは、煮たイチゴを薄くスライスしてますね。生を使わないところが、こいとらしいです。
チョコと胡桃のパンに、すごく合っていましたから。ひと手間かけることは、そのものに愛が溢れてきて、食べるとおいしいですね。


d0145345_22170190.jpeg

実は、いつも展示会の時は、お客様との時間が何より大切なので、いつも一日が終わってからゆっくり食べるのですが、川島さんには、閉店後、両方を食べていただき、こんな会話がありました。


「こいちゃん、すごくおいしいです。ぼくは、こんなお料理を作っていただける包丁を作っていきたいです。希望はありますか?」

「希望? はい、また展示会して下さい!」

わたし(苦笑)「じゃ。なくて、、包丁のことだと、、」

「あ、包丁。出刃包丁ほしいです。川島さんの出刃包丁がほいしです」


なんて、会話がありまして、

人生っておもしろいですね。
楽しまなきゃ、って思います。生きているんだから。

だからこそ、包丁なんです。
違う風景が見えますよ。お皿に。

それは、愛なんです。
一瞬一瞬を大切に、今を生きていけたらと、そう思っています。



d0145345_22292258.jpeg
あしたは、休廊します。3月5日は、こいとのお誕生日。
今日は、はるうららかな、よい一日でした。


d0145345_22402456.jpg


d0145345_23504360.jpeg



d0145345_23510974.jpeg

by higurashia | 2018-03-04 21:53 | gallery 円山ステッチ   | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰と冊子「日暮らし」を作っています佐野明子のページ。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて人と自然がとけあう暮らしの提案をしています


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る