佐野 宜夫

d0145345_17452985.jpg

13日に、よしおさんが円山ステッチにて安らかに息を引き取りました。

昨年秋から治療しながら死を迎える前々日まで、ニコニコして仕事をしていました。そして、建築家として仕事を最期まで愛し自分の道をあるがまま自然に歩いた60年の人生だったと思います。一度も弱音を言わないで、涙もこぼさず病気と向かい合いました。「先の心配はいうな、今日という日をがんばるんだ」と最期までわたしを励ましてくれました。

顔は少年になり子どものようになり、最期は
「キリストになってる…」とお寺の蓮守りの方に言われました。曹源寺の副住職さんからは、「素晴らしい生き方」と言っていただきました。きっとよしおさんは、悟っていたんじゃないかと思います。

円山の地に導かれたきっかけである曹源寺のお坊様にお願いし、15日日曜日に円山ステッチにてガーデン葬儀を執り行ないました。円山マルシェのみなさんの進行で。

今日は、曹源寺へよしおさんのこれからの事をご相談しました。ちょっとひと段落です。

実は眠ったまま、一人息を引き取ったのですが、よしおさんからのメッセージが毎日わたしに降りてきます。だから、わたしはこの深い悲しみを乗り越えていけそうです。娘達と。つながりのある方々と。

d0145345_17474852.jpg


佐野 宜夫 という素敵な建築家がいた軌跡も
葬儀でお伝えできましたし、これからもたくさんの方々のお力を借りつつ、よしおさんの意思と佐野アトリエも引き継いでいきたいと思います。

みなさま、本当にありがとうございました。よしおさんに成り代わりお礼申し上げます。

2016.5.17 佐野アトリエ 佐野明子 記

by higurashia | 2016-05-23 17:45 | 日々のしあわせ | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る