小谷真三せんせい

d0145345_2382080.jpg


今日は小雪が舞う中、倉敷民芸館で倉敷ガラスの創始者である小谷真三先生を祝う会でした。
わたしは、桐島かれんさんの旦那様である写真家の上田さんに従事していたNさんと参加させて頂きました。外は本当に寒かったですが、先生のお人柄あふれるお話をたくさん聞けて、二人とも心がぽかぽかになりました。

「ひとつことを繰り返す職人の仕事は、ほんとにいい仕事だよ」と、真三先生。苦労してコップを産み出された当時の事をお話して下さいました。民芸館の石畳から始まった倉敷ガラスの誕生。先生にお聞きすると、当時と石畳は変わっているそうです。最初に出来た小さなコップを置かれた民芸館の中庭の石畳、今日は先生とその場所に一緒に立てた感動的な一日でした。真三せんせい、コップを産み出してくれてありがとうございます。わたしもコップをつなげる人になれて夢のようです。

d0145345_2343532.jpg


5月で「円山生活の会」も2周年。多くの方にわくわくしてもらえるような会を真三先生とただ今、計画中です。喜んでもらえそうなあの人、この人、お顔を思い浮かべながら考える時間が大好きです。

それにしても今日は寒かったです。終わってからNさんと美観地区の茶店に駆け込み、おぜんざいを頂きました。今日はNさんの「円山生活の会」も5月にとお願いできましたし、盛りだくさんな春になりそうです。

色んな出会いが広がり、うれしいことが増えていきます。今日もありがとうございました。

d0145345_23375927.jpg















Commented by そめやみわ at 2012-03-13 16:57 x
明子さん、文面からも表情からも伝わってきました。
すてきな会だったんでしょうねー行きたかった~
私は最近もし生まれ変わったら今度は職人に!
と思っているこの頃です 笑
Commented by higurashia at 2012-03-13 19:06
miwaちゃん、職人さんはホントすばらしいですね。
自然を愛し(尊敬し)、日々送ること。
暮らしの中で気持ちだけでも近づくようがんばろう!!



by higurashia | 2012-03-12 23:38 | 手仕事 | Comments(2)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る