日々のご飯の会 — 立春- 3

d0145345_22493378.jpg


昨日の報告の続きです。 「体にやさしい」という言い方はあまり好きではないので、なんと言えばいいのでしょう、「日々のご飯の会」。
やさい食堂こやまのくみさんが、季節の野菜を色々と準備して下さいました。右のは大豆で出来たハム。わたしは、ハムやウインナーが、ほしくなくなってきているので、(お年頃?)大豆ハムには感動しました。

d0145345_18585748.jpg


食べ物で変わる人相学のお話にも皆さん、興味深そうに聞かれていました。そう言えば女の子みたいな可愛い顔の男の子も多いように思います。

d0145345_18581212.jpg


今回は韓国の宮廷料理「九節板」。おやきは、もちもちで飽きのこない味で、包んで食べるというわくわく感もあり、みんなで賑やかにたくさん焼きました。楽しかったですね。

d0145345_22502664.jpg


たくさんの野菜を丁寧に木のまな板で切っていきました。スープやソースも全てこの場で作っていきました。いったい何種類の野菜を頂いたのでしょうか?くみさん、準備ありがとうございました。

d0145345_2301446.jpg


くみさんが、色々器も用意して下さいました。白ネギのスープの入ってる梅の花型の器だけわたくしのもの。「独身時代に買った民藝のものよ」っていうと、天地がさけるくらい驚かれて、(どういう意味??)  23年も割れずにほとんど健在です。

盛りだくさんだった昨日のくみさんの「日々のご飯の会」。目にもごちそうな豊かな献立でした。
季節感や他ではないオリジナルな組み合わせに変えてのくみさんのお料理。やはり食のプロは違います。色々学ぶことの多かった「円山生活の会」でした。みなさん、ありがとうございました。

次回の「日々のご飯の会」は、5月29日(火)です。曲げワッパを使って、丁寧な季節の献立をお楽しみに。
お申し込み受付は、3月1日以降になります。

さて、17日の「円山生活の会」は、10年以上パン教室を主宰されている しおみかずみさんに2種類のパンを学びます。伝説のカフェをされていた ゆきさんの珈琲としあわせな時間をお過ごし下さい。


by higurashia | 2012-02-08 22:57 | 円山生活の会 | Comments(0)

「gallery円山ステッチ」、「円山生活の会」、「円山マルシェ」主宰。自然に囲まれた岡山の円山ステッチにて季節の声に耳を澄ませて本当の意味での心豊かなで癒される暮らしを提案しています。


by higurashia
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る